業務で求められる素質

リハビリテーションセンターで勤務する理学療法士は、センターに入院中の患者さんへのケアを中心とした業務に従事します。このセンターには、自宅復帰が難しい患者さんが入院していますが、どこかのタイミングで体力的に回復し、いずれは自宅で過ごせるようにサポートしていくことが求められるのです。 この職場で業務に当たる理学療法士は、クオリティの高いリハビリテーションを提供します。もちろん、リハビリテーションの技術だけ良ければ十分というものではありません。患者さんや他のスタッフとのコミュニケーション、強い責任感などは、業務以前に求められる要素なのです。回復期に居る患者さんにとっては、入院する前の状態の動作や機能を回復することが何よりも重要です。この理想の状態に戻るためには、どうしても時間と労力がかかります。通常は「歩く」「立つ」と言った動作練習や、筋肉トレーニングを行いますが、全ての患者さんがスムーズに動けるとは限りません。時として福祉用具を活用しなければいけないこともあります。こういうときに患者さんを上手くサポートしてあげるのが、理学療法士の仕事なのです。 患者さんの自立を支えることにやりがいを感じるのが、理学療法士の醍醐味です。覚えることは沢山ありますが、患者さんの立場に立てば、自身にとって必要な仕事が見えてきます。