理学療法士の仕事

リハビリテーションの現場で働きたいと思っている人にとっては、理学療法士のお仕事に大きなやりがいを感じるものです。ケガや病気などで身体に支障が出た患者さんが回復できるようにサポートするのは、まさに理学療法士の醍醐味。ただ、憧れの気持ちは強くても、どのようにすれば理学療法士としてリハビリテーションの施設で働けるのか分からないケースもあります。 今後リハビリテーションセンターで勤務するならば、患者さんのケアができるだけの高いスキルが必要になります。学校で学んだことを現場で活かすつもりで知識やスキルの習得に努めていくからこそ、現場で通用する実践力が身につくのです。その反面、知識やスキルだけで通用することはなく、高いコミュニケーション能力も求められます。患者さんやスタッフが何を求めているのかを的確に察知し、自ら行動していくことで、現場から高い評価を得られるようになると肝に銘じておきましょう。次に、職場における一日の流れについても、事前に知っておくのが理想です。どこの職場でも勤務開始時にミーティングを行い、途中昼休憩を挟んで午前と午後に分けて業務を行います。ほとんどの現場では、スタッフのスキルアップのために随時勉強会が開催されます。ミーティングの前後、あるいは午後の業務が終わったあとに行われることが多いです。 こちらのサイトでは、リハビリテーションセンターで勤務する理学療法士の仕事で求められる要素と、職場での一日の流れについて紹介します。まずは基本的な知識やスキルを身に着け、現場で活躍できることを切願しています。

《 理学療法士関連おすすめサイト 》
こちらは創立40年の理学療法士養成校です。専門的な知識を学んだり実践授業を行ったりするのに加え、患者さんとのコミュニケーションの取り方や課題解決の力を養うこともできます。公式サイトでは、具体的なカリキュラムや得られるスキルなどが紹介されています → 理学療法士 学校